English
visitors since June 17, 2002

国際地震工学センター(IISEE)ウェブサイトへようこそ

国際地震工学センター(IISEE)は、国際地震工学研修を実施するための機関として、1962年1月に建築研究所の中に設立されました。国際地震工学研修は、1960年、日本の大学や研究機関の協力のもとに創設され、1962年よりIISEEが引き継いで、現在まで約50年継続して行われています。1960年以降、1,600名を越えるおよそ100の国と地域の研修生がIISEEの研修を修了しました。

研修コースのうち、地震工学通年研修は、地震学、地震工学、津波防災の3コースからなり、国際協力機構(JICA)と協力して実施されています。

2005年10月開講の通年研修から、研修講義の一部が政策研究大学院大学(GRIPS)と建築研究所が認定する修士課程の講義として認められ、所定の単位を取得すれば、研修生は修士号(防災政策)を取得できるようになりました。

本ウェブサイトでは、地震学、地震工学、地震・津波防災分野の最新情報を元研修生、研究者、技術者、一般の方々に向けて提供しています。

IISEE ウェブサイトのデータベース

IISEE-NET / 研修では、次のような情報を提供しています。

  1. 地震防災技術情報ネットワーク(IISEE-Net)
  2. IISEE-UNESCOレクチャーノート
  3. IISEE Eラーニング
  4. シノプシス(修士論文梗概)・データベース
  5. Bulletin データベース

地震では地震と地震観測に関する以下の情報を提供しています。

  1. 東北地方太平洋沖地震
  2. 建築研究所強震観測
  3. 宇津カタログ - 世界の地震被害
  4. 地震カタログ - 世界の大地震の震源メカニズム・余震分布、震源断層面及び震源過程(1994年から2004年)

その他のお知らせでは他の情報を提供しています。

  1. IAEE Guidelines
  2. IPRED
  3. 国際シンポジウム

その他にも皆様に有益な情報を掲載していますので、本ウェブサイトを業務・研究等にご利用下さい。

コンテンツ一覧


建築研究所 国際地震工学センター