Resource id #10 IISEE :: ニュースレター :: 国際地震工学センター ニュースレター 第79号
English

国際地震工学センター ニュースレター 第79号 (2012-04-20 発行)

目次

  1. UNESCOなどと記念国際シンポジウムを開催予定(6月27日)
  2. 2012年4月11日スマトラ北部西方沖の地震(Mw 8.6)の特報ページ
  3. 緑川教授(元国地部長)が建築学会論文賞を受賞
  4. 人事異動の紹介

記事詳細[pdf]

[1] UNESCOなどと記念国際シンポジウムを開催予定(6月27日)

国際地震工学センター(IISEE)は、UNESCOの建築・住宅地震防災国際プラットフォーム会合が日本で開催される機会に、UNESCO、政策研究大学院大学(GRIPS)と共催で、記念国際シンポジウムを627()に、東京六本木のGRIPSで開催します。このシンポジウムは、UNESCOの協力により50年前に開始した国際地震工学研修の記念行事の意味もあり、企画が固まり次第詳細をご連絡いたします。

 

黒澤 肇

国際地震工学センター管理室長

[2] 2012年4月11日スマトラ北部西方沖の地震(Mw 8.6)の特報ページ

2012411日にスマトラ北部西方沖でMw 8.6の巨大地震が発生しました。国際地震工学センターはこの地震の特報ページを

http://iisee.kenken.go.jp/special2/20120411sumatra.htm

に作成しました。以下の情報が関連サイトのリンクと共に掲載されています:

1) 高周波震動継続時間と最大変位振幅を用いたマグニチュード

2) 津波シミュレーション

3) 改良連携震源決定法による余震分布と本震断層面

ぜひご覧ください。

 

原 辰彦 (博士) 

国際地震工学センター 上席研究員

[3] 緑川教授(元国地部長)が建築学会論文賞を受賞

1999年から20014月まで国際地震工学部長で、永年IISEEに多大な貢献をされた北海道大学の緑川光正教授が、2012年の日本建築学会賞を受賞されました。心よりお祝い申し上げます。受賞対象の論文は「鋼構造建物の安全性・機能性向上をめざした地震応答低減機構・システムの開発と検証に関する一連の研究 」で、以下のサイトでご覧いただけます。

http://www.aij.or.jp/jpn/design/2012/pdf/g-ronbun09.pdf

また、受賞決定については以下をご覧下さい。

http://www.aij.or.jp/2012/prize2012.html

 

安藤 尚一(博士)

国際地震工学センター長

[4] 人事異動の紹介

建築研究所では41日で、理事長と理事が変わりました。村上周三前理事長から坂本雄三新理事長に、伊藤弘前理事から西山功新理事への交代です。

またIISEEでは、石原、向井両主任研究員が建研内の他部局へ移り、犬飼上席研究員が地震工学分野の担当として参りました。今後よろしくお願いします。

 

黒澤 肇

国際地震工学センター管理室長


情報


このニュースレターは、これまでの研修生(英語メールのみ)と関係者の方々にお送りし ています。皆様のご意見や情報をお待ちしております。

メールアドレス: iiseenews@kenken.go.jp
ウェブサイト: http://iisee.kenken.go.jp