Resource id #10 IISEE :: ニュースレター :: 国際地震工学センター ニュースレター 第87号
English

国際地震工学センター ニュースレター 第87号 (2012-11-21 発行)

目次

  1. 最近発生した大地震の特設ページ
  2. 東北地方への津波研修旅行レポート
  3. 東北地方の復興と津波研修旅行の写真
  4. 国際記念シンポジウムの発表資料の公表

記事詳細[pdf]

[1] 最近発生した大地震の特設ページ

最近発生した以下の3つの大地震に関する特設ページを
http://iisee.kenken.go.jp/quakes.htmに掲載しました:
- 10月28日 カナダ、クイーンシャーロット諸島 (Mw 7.8)
- 11月7日 グアテマラ沖 (Mw 7.4)
- 11月11日 ミャンマー (Mw 6.8)
それぞれのページへのリンクはhttp://iisee.kenken.go.jpの「新着情報」
にもあります。ぜひご覧ください。

原 辰彦 (博士)
国際地震工学センター 上席研究員

[2] 東北地方への津波研修旅行レポート

津波防災コースの研修生4名は11月12日から16日まで東北沿岸の各地を、
地震学と耐震工学コースの研修生17名は11月13日から16日の間に、新潟
県及び宮城県を訪問しました。以下は、津波コース研修生の感想です。

スーニン(ミャンマー運輸省水文気象部)女性
東北の研修旅行から大変多くの経験と知識を得ました。この旅行は私たち
の防災研究の支えとなることでしょう。

マウリシオ(チリバルパライソ大学)男性
今回は東北の被災地への2度目の訪問でしたが、その悲しい経験と美しい
景色の混在は印象的なままでした。都司先生始めコーディネータを含め
よい構成でした。

マーチン(パプアニューギニア事業省)男性
研修生間も講師陣との相互関係も、信頼関係を築き、文化を体験し学習
する事も出来た旅行でした。壊滅的な状況や現地での経験は、はかりが
たく理解を超えるものですが、新しいレジリエントな社会の基礎を形作る
ものとなるのでしょう。

ジュリアス(フィリピン火山地震研究所)男性
日本の皆さんの郷土愛、協力や奉仕の精神は、いかなる災害も乗り越え
るでしょう。日本の政府は、2011年の激しい津波の後、将来の世代がより
楽しく暮らせるよう、被災した各地で膨大な復興プロジェクトを開始している
のが印象的でした。

芝崎文一郎(博士)
国際地震工学センター 上席研究員

藤井雄士郎(博士)
国際地震工学センター 主任研究員

[3] 東北地方の復興と津波研修旅行の写真

研修旅行に元東京大学地震研の都司先生(建築研究所特別客員研究員)と同行し、
仙台平野から三陸を宮古まで縦断しました。残っていた建物もほとんど除却され、
住民の方と話し合って作った復興計画に沿って、高台移転、盛土によるかさ上げ
や防波堤整備の準備が始まっています。研修生と共に事業の関係者を訪れて直接
話を聞くことも出来ました。
写真はPDFバージョンからご覧いただけます。

安藤 尚一(博士)
国際地震工学センター長

[4] 国際記念シンポジウムの発表資料の公表

今年6月27日に開催した国際記念シンポジウム「命を守る地震津波防災の
実現に向けて」の発表資料を国地ホームページに掲載しました。
基調講演の尾池先生(前京都大学総長)を始め世界の現状と課題が和文と
英文でご覧頂けます。
(和文つき)
http://iisee.kenken.go.jp/symposium/symposium_memorial_jp.html

黒澤 肇
国際地震工学センター管理室長

情報


このニュースレターは、これまでの研修生(英語メールのみ)と関係者の方々にお送りし ています。皆様のご意見や情報をお待ちしております。

メールアドレス: iiseenews@kenken.go.jp
ウェブサイト: http://iisee.kenken.go.jp