Resource id #10 IISEE :: ニュースレター :: 国際地震工学センター ニュースレター 第89号
English

国際地震工学センター ニュースレター 第89号 (2013-01-18 発行)

目次

  1. 第18回国際地震工学研修グローバル地震観測コース開講
  2. ユネスコとの連携:建築・住宅地震防災国際ネットワーク(IPRED)
  3. 国際地震工学セミナー
  4. 2011-2012年度研修生 修士論文シノプシスのウェブサイト掲載
  5. 元研修生より出版物のお知らせ

記事詳細[pdf]

[1] 第18回国際地震工学研修グローバル地震観測コース開講

第18回グローバル地震観測コースが1月16日から始まりました。7ヶ国から8名
の研修生が参加します。参加国は(アルファベット順で)アルメニア、中国、コート
ジボワール、エジプト、パキスタン、ソロモン諸島、ジンバブエです。コートジボワ
ールは研修初参加の国です。これで研修参加国数は99となりました。
今年はCTBTO準備委員会暫定技術事務局国際監視制度局のヴォリアン・マリサエ
ル局長と、ナタリー・ブレーリー観測施設支援課長が開講式に出席し、CTBT体制
と国際監視制度に関する講義を行いました。
研修は3月13日閉講の予定です。

原 辰彦 (博士)
国際地震工学センター 上席研究員

[2] ユネスコとの連携:建築・住宅地震防災国際ネットワーク(IPRED)

建築研究所は、建築地震防災に関する国際ネットワーク及び大地震や津波が発生
した際の国際的なバックアップ体制を構築することを目的に、国土交通省及びユ
ネスコの全面的な協力のもと、COE(中核機関)として、『建築・住宅地震防災国
際ネットワークプロジェクト』を推進しています。
2008年の第1回会合(パリ)で作成した15項目のアクションプランに基づき、毎年メン
バー国持ち回りで、トルコ、インドネシア、チリ、日本と会合を開き、今年は5月にエジ
プトで開催予定です。
http://iisee.kenken.go.jp/?p=ipred

安藤 尚一(博士)
国際地震工学センター長

[3] 国際地震工学セミナー

国際地震工学センターでは、以下のように国際地震工学セミナーを実施します。

■3月5日 9:10-10:10 山田真澄先生(京都大学防災研究所)
演題:大加速度記録にみられるスラップダウンフェーズ
■3月7日 15:30-16:30 宍倉正展先生(産総研)
■3月22日 15:30-16:30 越村俊一先生(東北大)
■4月1日 15:30-16:30 緑川光正先生
仮題:東北地方太平洋沖地震の建築物被害について
■4月5日 15:30-16:30 今村文彦先生(東北大学)

場所:建築研究所 国際地震工学センター講堂

その他、下記の方々にも講演をいただく予定です。(日程は調整中)
Dr. Chimed Odonbaatar (モンゴル天文地球物理研究所)
Prof. Francisco Jose Chavez Garcia
(Universidad Nacional Autonoma de Mexico)
Dr. Pulido Nelson(防災科学研究所)

[4] 2011-2012年度研修生 修士論文シノプシスのウェブサイト掲載

去る9月に2011‐2012年度の研修生14カ国23名が、修士論文を提出し、防災
政策の修士号を授与されました。IISEEでは、2005-2006年度より修士論文シ
ノプシス(梗概)をウェブサイトで公開しており、この度新たに2011-2012
年度分を追加、掲載しました。下記のURLより、どうぞご覧下さい。
http://iisee.kenken.go.jp/syndb/

黒 澤 肇
国際地震工学センター 管理室長

[5] 元研修生より出版物のお知らせ

最近地震学や地震工学の出版物を出した元研修生がいます。このような情報を
受け取るのはとても嬉しいことなので、皆さんからの情報を期待します。
2006年ニカラグアの研修生Edwin Nadir Castrillo氏より、(スペイン語)
「ニカラグアの地震危険度評価Evaluación de la amenaza sísmica en Nicaragua」
(Editorial Académica Española: 49.00 €, June 2012)
https://www.morebooks.de/store/es/book/evaluaci%C3%B3n-de-la-amenaza-s%C3%ADsmica-en-nicaragua/isbn/978-3-659-01466-6

横井 俊明(博士)
国際地震工学センター 上席研究員

情報


このニュースレターは、これまでの研修生(英語メールのみ)と関係者の方々にお送りし ています。皆様のご意見や情報をお待ちしております。

メールアドレス: iiseenews@kenken.go.jp
ウェブサイト: http://iisee.kenken.go.jp