Resource id #10 IISEE :: ニュースレター :: 国際地震工学センター ニュースレター 第154号
English

国際地震工学センター ニュースレター 第154号 (2018-02-28 発行)

目次

  1. グローバルコース
  2. グローバルコース研修旅行レポート
  3. 国際親善パーティー
  4. 2018-19年度研修生募集
  5. 応募のための英語力証明
  6. 微動アレイ探査のためのフリーソフトウェア

記事詳細[pdf]

[1] グローバルコース

[国際地震工学センター 管理室長 飯竹理広]

IISEEの研修は、つくばから場所を移して講義や見学なども行われます。

     詳細は添付のニュースレターP1をご覧下さい。

[2] グローバルコース研修旅行レポート

[(1) Mr. Phuntsho Pelgay (ブータン)]

過去、現在、そして未来の日本
「日本を知る」最良の方法は何かと、日本に来てからずっとこのことを考えていました。
グローバル地震観測コースの関西への研修旅行が決まった時、この答えがでると大いに期待し、
そして実現されました。

     詳細は添付のニュースレターP1&2をご覧下さい。


 [(2) Ms. Viana Poveda Brossard (キューバ)]

研修旅行は私にとって実り多い経験となりました。
原爆ドーム、原爆の子の像、また、広島平和記念資料館への訪問はとても印象深いものでした。

     詳細は添付のニュースレターP2&3をご覧下さい。


 [(3) Ms. Mako Ronneliah Sitali (ナミビア)]

関西・広島方面研修旅行は、とても教育的で、また楽しいアクティビティでもありました。
一生に一度のまたとない旅となりました。

     詳細は添付のニュースレターP3~5をご覧下さい。


[3] 国際親善パーティー

[国際地震工学センター 管理室長 飯竹理広]

現在は、通年コースとグローバルコースが開講しており、賑やかな時期です。

     詳細は添付のニュースレターP5をご覧下さい。

[4] 2018-19年度研修生募集

[国際地震工学センター 管理室]

JICAは、2018-19年度の通年コース(地震学コース、地震工学コース、津波防災コース)の募集情報を発信しました。
選ばれた国はバングラデシュ、エクアドル、エルサルバドル、コロンビア、ミャンマー、ネパール、ニカラグア、
ペルー、フィリピン、トルコ、およびバヌアツです。

     詳細は添付のニュースレターP5をご覧下さい。

[5] 応募のための英語力証明

[国際地震工学センター 管理室]

2018-19年度の通年コース(地震学コース、地震工学コース、津波防災コース)では、IISEE、BRI、DMP、GRIPSの協力の下、
修士号を取得することが出来ます。

     詳細は添付のニュースレターP5&6をご覧下さい。

[6] 微動アレイ探査のためのフリーソフトウェア

[国際地震工学センター センター長 横井俊明]

IISEE-NET HPにて、微動アレイ探査ソフトウェアの改訂版を公開しました。

     詳細は添付のニュースレターP6をご覧下さい。

情報


このニュースレターは、これまでの研修生(英語メールのみ)と関係者の方々にお送りし ています。皆様のご意見や情報をお待ちしております。

メールアドレス: iiseenews@kenken.go.jp
ウェブサイト: http://iisee.kenken.go.jp