English

国際地震工学センター ニュースレター 第105号 (2014-01-29 発行)

目次

  1. 新年のご挨拶
  2. グローバル地震観測コースが1月21日からスタート
  3. JICA 中国耐震建築人材育成プロジェクト
  4. 研修生からのレター✑
  5. 2014年IISEE研修スケジュール
  6. IISEEの定期刊行物とウェブサイト

記事詳細[pdf]

[1] 新年のご挨拶

〔国際地震工学センター長 横井 俊明〕
                                
皆様がこのニュースレターをご覧になるのは、2014年も早一月が過ぎつつある頃ではなかろうかと思っています。
読者の皆様、そしてご家族、同僚の皆様、明けましておめでとうございます。
本年も良い年でありますように、また、IISEEの研修が2014年も更に良いものとなりますように祈念いたします。


                     
詳細は添付のニュースレターP1をご覧下さい。

[2] グローバル地震観測コースが1月21日からスタート

〔国際地震工学センター管理室長 飯場 自子〕

グローバル地震観測コースの開会式が、1月21日(火)11:30-12:00に建築研究所講堂で開催されました。
ボリビア、フィジー、ミャンマー、ネパール(2人)、パキスタン(2人)、パプアニューギニア、タイから
9人の研修生が式典に参加しました。


                     
詳細は添付のニュースレターP1をご覧下さい。

[3] JICA 中国耐震建築人材育成プロジェクト

〔国際地震工学センター 特別客員研究員、

元中国JICA長期専門家 関 松太郎〕

2008年5月中国四川地震の後、JICAは中国耐震建築に関する人材育成プロジェクトを翌年の2009年5月から
4年間実施しました。その中の活動の一つとして、中国の建築構造設計者、大学教授、建築行政官など72名が
IISEEで研修を受けました。


                     
詳細は添付のニュースレターP2をご覧下さい。

[4] 研修生からのレター✑

Dr.Alexandru Octavian ALDEA

ブカレスト公開大学教授

(ルーマニア、1999-2000 地震工学コース)

                                           
ルーマニアの元研修生アルディア氏から、「地震動:地震工学への応用例」というタイトルの本が寄贈されました。
この本は、
2002年~2008年にルーマニアで実施されたJICAのプロジェクト方式技術協力
「ルーマニア地震災害軽減計画プロジェクト」の結果を、氏がとりまとめたものです。


                     
詳細は添付のニュースレターP3をご覧下さい。

[5] 2014年IISEE研修スケジュール


                     
詳細は添付のニュースレターP3をご覧下さい。

[6] IISEEの定期刊行物とウェブサイト


                     
詳細は添付のニュースレターP4をご覧下さい。

情報


このニュースレターは、これまでの研修生(英語メールのみ)と関係者の方々にお送りし ています。皆様のご意見や情報をお待ちしております。

メールアドレス: iiseenews@kenken.go.jp
ウェブサイト: http://iisee.kenken.go.jp