English

国際地震工学センター ニュースレター第172号 (2019-08-22 発行)

目次

  1. 中南米研修在外補完研修
  2. 中南米研修「ラテンアメリカにおける耐震構造技術の改善と普及」閉講式
  3. 研究論文最終発表会
  4. コロンビアの元研修生の訪問

記事詳細[pdf]

[1] 中南米研修在外補完研修

[国際地震工学センター 主任研究員 諏訪田 晴彦]

7/15~7/27の期間、エルサルバドル国において、2019年度
中南米研修(建物耐震技術の向上・普及コース)の在外補完
研修が行われました。

    詳細は添付のニュースレターP1&2をご覧下さい。

[2] 中南米研修「ラテンアメリカにおける耐震構造技術の改善と普及」閉講式

[国際地震工学センター センター長 横井 俊明]

昨年と同様、約2週間の構造実験と関連講義(写真1と2)の後、
標記研修の閉講式がエルサルバドル共和国サンサルバドル市において7月26日に
実施されました。

    詳細は添付のニュースレターP2&3をご覧下さい。

[3] 研究論文最終発表会

[国際地震工学センター 管理室長 山田高広]

通年研修の研修生は、5月20日から研究論文を書くため、個別に
それぞれの指導者のもとで個人研修が実施されていました。

    詳細は添付のニュースレターP4をご覧下さい。

[4] コロンビアの元研修生の訪問

[国際地震工学センター 研究員 鹿嶋俊英]

2019年7月30日に1988-89年の地震工学コースに参加したコロンビア出身の
ルイス マヌエル エルナンデスさんがIISEEを訪問してくださいました。

    詳細は添付のニュースレターP4をご覧下さい。

情報


このニュースレターは、これまでの研修生(英語メールのみ)と関係者の方々にお送りし ています。皆様のご意見や情報をお待ちしております。

メールアドレス: iiseenews@kenken.go.jp
ウェブサイト: http://iisee.kenken.go.jp