English

国際地震工学センターニュースレター第177号 (2020-01-31 発行)

目次

  1. 読者の皆様へ
  2. 国際地震工学研修第25回グローバル地震観測コース開講
  3. 米国地球物理学連合2019年秋季大会に出席-サンフランシスコ-
  4. 「研究開発課題リスト」について
  5. 「筑波山地域ジオパーク」について

記事詳細[pdf]

[1] 読者の皆様へ

[国際地震工学センター長 横井 俊明]

新年を迎え、皆様とご家族、ご同僚の方々には、益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
    詳細は添付のニュースレターP1&2をご覧下さい。

[2] 国際地震工学研修第25回グローバル地震観測コース開講

[国際地震工学センター 管理室長 山田 高広]

グローバル地震観測コースが1月14日から始まりました。
今年は、14ヶ国(アルジェリア、ブータン、コモロ、キューバ、エジプト、インド、イラン、モーリシャス、ネパール、パキスタン、サントメ・プリンシペ、ソマリア、スリランカ、ジンバブエ)から、17名の研修生が参加しています。

    詳細は添付のニュースレターP2&3をご覧下さい。

[3] 米国地球物理学連合2019年秋季大会に出席-サンフランシスコ-

[国際地震工学センター 主任研究員 藤井雄士郎]

令和元年12月9日から12月13日まで、サンフランシスコで開催された米国地球物理学連合(AGU)の2019年秋季大会に出席しました。

    詳細は添付のニュースレターP4をご覧下さい。

[4] 「研究開発課題リスト」について

 詳細は添付のニュースレターP4をご覧下さい。

[5] 「筑波山地域ジオパーク」について

詳細は添付のニュースレターP4 & 5をご覧下さい。

情報


このニュースレターは、これまでの研修生(英語メールのみ)と関係者の方々にお送りし ています。皆様のご意見や情報をお待ちしております。

メールアドレス: iiseenews@kenken.go.jp
ウェブサイト: http://iisee.kenken.go.jp