English

国際地震工学センターニュースレター第183号 (2020-07-31 発行)

目次

  1. 7月3日に中間発表会を開催
  2. 元研修生からの著書の寄贈
  3. 元研修生が本を出版
  4. Year Book Vol. 35 2020

記事詳細[pdf]

[1] 7月3日に中間発表会を開催

[国際地震工学センター長 小豆畑 達哉]

7月3日に個人研修の一環として中間発表会を開催しました。中間発表会では、
研修生全員に個人研修成果の中間報告を求めています。
詳細は添付のニュースレターP1をご覧下さい。

[2] 元研修生からの著書の寄贈

[国際地震工学センター長 小豆畑 達哉]

国地センターの応用地震工学コース(1969-1970)にインドから参加されたKrishna Gopal Bhatia博士より寄贈された本を受け取りました。
詳細は添付のニュースレターP2をご覧下さい。

[3] 元研修生が本を出版

[国際地震工学センター長 小豆畑 達哉]

元研修生(2004-2005年Sコース)のAndrés Alfaro Castillo博士より、工学的地震学に関する本(スペイン語)を出版したとの連絡を頂きました。
詳細は添付のニュースレターP2&3をご覧下さい。

[4] Year Book Vol. 35 2020

[国際地震工学センター管理室長 山田 高広]

詳細は添付のニュースレターP3をご覧下さい。

情報


このニュースレターは、これまでの研修生(英語メールのみ)と関係者の方々にお送りし ています。皆様のご意見や情報をお待ちしております。

メールアドレス: iiseenews@kenken.go.jp
ウェブサイト: http://iisee.kenken.go.jp