English

国際地震工学センターニュースレター第190号 (2021-02-26 発行)

目次

  1. 八木先生のIISEEセミナー
  2. 福島県沖の地震情報の公開について
  3. 2021-22年度研修生募集
  4. 応募のための英語力証明
  5. 研究事業の実施に関する会議
  6. 研修修了生の博士号取得

記事詳細[pdf]

[1] 八木先生のIISEEセミナー

[国際地震工学センター 上席研究員 芝崎 文一郎] 
2 月 3 日(水)に八木教授による遠隔 IISEE セミナーを開催しました。 このセミナーでは八木先生が震源過程と断層の幾何学状に関する新しい研究成果をご紹介されました。 

詳細は添付のニュースレターP1をご覧下さい。

[2] 福島県沖の地震情報の公開について

[国際地震工学センター長 小豆畑 達哉] 
2021年2月13日23時08分頃に福島県沖の地震が発生しました。この地震に関する情報をホームページに公開しました。 福島県沖の地震に関する情報はこちらからご覧いただけます。 

詳細は添付のニュースレターP1-2をご覧下さい。

[3] 2021-22年度研修生募集

[国際地震工学センター 管理室長 山田 高広] 
JICAは2021-22年度の通年コース(地震学コース、地震工学コース、津波防災コース)の募集情報を発信しました。選ばれた国はインドネシア、マレーシア、フィリピン、東ティモール、ブータン、バングラデシュ、フィジー、トンガ、エルサルバドル、コロンビア、ペルー、アルジェリア、およびガーナです。 

詳細は添付のニュースレターP2をご覧下さい。

[4] 応募のための英語力証明

[国際地震工学センター 管理室長 山田 高広] 
2021-22年度の通年コース(地震学コース、地震工学コース、津波防災コース)では、IISEE、BRI、DMP、GRIPSの協力の下、修士号を取得することが出来ます。 

詳細は添付のニュースレターP2をご覧下さい。

[5] 研究事業の実施に関する会議

[国際地震工学センター 管理室長 山田 高広] 
国際地震工学センター(IISEE)は、研修事業をより充実したものとするため、毎年、2月頃に、外部の有識者から構成される諮問委員会を開催しています。今年も、2月1日に、本会議をリモートで開催しました。 

詳細は添付のニュースレターP2をご覧下さい。

[6] 研修修了生の博士号取得

[ネパール国立地震観測・調査センター Mukunda Bhattarai 博士] 
私は、2020年12月11日に東京大学から博士号を取得しました。新型コロナウイルスの世界的な流行により、取得時期は数か月遅れてしまいましたが、こうして皆さんにご報告できるのをとても喜ばしく思います。 

詳細は添付のニュースレターP2-3をご覧下さい。

情報


このニュースレターは、これまでの研修生(英語メールのみ)と関係者の方々にお送りし ています。皆様のご意見や情報をお待ちしております。

メールアドレス: iiseenews@kenken.go.jp
ウェブサイト: http://iisee.kenken.go.jp