English
visitors since June 17, 2002

国際地震工学研修

通年研修コース

地震学コース

このコースは、各国の地震観測・地震防災 担当機関から招聘された研修生が、地震や地震災害に関する高 度な知識と技術及び、それを各母国において、地震ハザード・ リスク評価や地震防災政策にいかせる高度な能力を習得するこ とを目的としています。日進月歩の地震学の知識・地震観測技 術を遅滞無くカリキュラムに取り入れ、また教室での学習だけ でなく、実習や見学、国際会議への参加も積極的に実施してい ます。
野島断層保存館の見学 第2回コロキウムでの研究発表の様子

地震工学コース

このコースは、地震学コース同様、各国政 府機関及び大学等に所属する若手を中心とする研究者・技術者・ 行政担当者を対象に、開発途上国での地震による構造物被害お よびそれに起因する人的被害を減らすべく、研修が実施されて います。カリキュラムは、地震工学の基礎である構造解析・構 造動力学から鉄筋コンクリート構造・鋼構造等の各種耐震構造、 最新技術である免震・制震技術や耐震極限設計法について講義・ 実習・見学を通じて体系立てて学び、母国での課題解決に役立 たせています。
  
研修生のために実施した破壊実験
大和ハウス工業(株)奈良工場見学

津波防災コース

2006-2007年の研修から、津波防災コー スを実施しています。2004年スマトラ島沖地震により発生し た巨大津波は、インド洋沿岸地域に甚大な津波被害をもたら しました。 このような津波被害を軽減するためには、地震及び津波に関 する最新の知見に基づいた防災対策が必要です。本コースは、 研修生が地震・津波に関する高度な知識と技術を習得し、そ れを母国において、津波ハザード評価や津波早期警報システ ム等の津波対策に活用・普及できる高度な能力を持った人材 の養成を目的としています。 対象国は、当初はインドネシア等のインド洋周辺国でしたが、2009-2010年の研修から太平洋周辺国 にも拡大しました。
東北三陸地方、津波対策施設見学 津波被害調査実習