English
visitors since June 17, 2002

国際地震工学研修

中国耐震建築研修

2008年5月12日、中華人民共和国・四川省.川県を震源とするマグニチュード7.9の大地震が発生し、 2008年6 月25日時点で死者69,185人、負傷者 374,171人、行方不明者18,404人、家屋の被害 23,143,000戸のうち6,525,000棟が倒壊するという 甚大な被害が発生しました。建築研究所は、中国 への震災復興支援策として、JICAが実施する「耐 震建築人材育成プロジェクト」の一環として「中 国耐震建築研修」を2009年10月より開講しまし た。本研修は、3年間実施するもので、年間20名 程度の研修生を対象として行います。本研修を 受けた技術者が帰国後、中国国内で技術の普及 を図ります。3年間で、約5,000人の構造技術者の 育成を目指しています。 なお、本研修のようにテーマを絞った短期間 の研修は1980年から実施しています。これらは 総称として「地震工学セミナー研修」とよんでい ます。
2009年度研修生(最初の講義終了後の集合写真)